Sea Fountain @ Moerenuma park designed by Isamu Noguchi
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/fountain/

"Day & Evening"MOERENUMA PARK designed by Isamu Noguchi

Day

Evening

It was an amazing!
what a beautiful place, Moerenuma Park.
This is actually landscape sculpture, I really felt it… not only nature but also human design.. how fantastic marriage with nature and human is.
Great work by Isamu Noguchi.
http://www.sapporo-park.or.jp/moere/english/

装飾したがる人間

makikoakiyama710:

image

文化学園の博物館で開催中の「世界のビーズ展」に行ってきた。
展示は二部構成。二階はアジア地方とアメリカ・オセアニア地域のビーズと、ビーズを使ったジュエリーだけでなく、衣服や服飾小物が並び、それぞれの地域、民族でビーズが持つ意味と、各地域でどんな素材が好まれたのかがわかる。
一階はヨーロッパで近現代の服飾に用いられたビーズの展示という趣向だ。

展示を見て、私が一番強く思ったのは、人間は装飾せずにはいられない生き物なのだということだ。

人は飾る。何でも飾る。

“House of Black Crytsal” 2004 by Hiroshi ito


this is Architect studio Mr.Ito-san.


view from the window, it’s nice:)


Atsuko-san’s work shop, sorry, picture is not nice..


Mariko Nishitani san was chief editor of HI-FASHON, she has a very wide view
and very frank personality… so nice. I was happy to meet her.



Sei-chan is a Boss of Seitaro-design: http://seitaro-design.com/
He is also so warm person and a lot of talents.thank you always:)

This is a nice book by Hideo Mori, I inspired a lot from his book, and I found nice cabinet in Mr. Ito’s house.But Picture was not nice, So I could not post it…


This object made from Mr. Ito. He learned way of weld from Astuko-san:)


look at the ceiling…it reflected light like a crystal..!

I visited house ” House of Black Crystal”
This was designed by Mr Ito.
He is architect and Atsuko Ito-san is jewelry artist.
I recognized why he put the name ” Black Crystal”!
look at the ceiling…it reflected light like a crystal..!
It’s cool! how nice design Mr. Ito-san did:)
There is a house on a top of hill, it is made of wood.
The wind came and nice view from the window.
I could hear the sounds of insects in the grass… it was like a some villa.
Atsuko-san is good at cooking very well, we enjoyed a lot.
People who came from design and art etc…
they were so charming people,we shared wonderful time:)
Thank you very much Mr. Ito-san and Atsuko-san.

You can visit …
Jewelry
http://www.itoatsuko.com/
Architecture
http://www.ito-kan.com

What am I made of…
in the mood for describing me

at the end of summer
30 August, 2014

’彡-さんづくり’ David Bielander Helen Britton Yutaka Minegishi


Schmuck 2013 
Things I see… Helen Britton
New Museum for Art and Design at Nurnberg

*more pictures here↓ please check on my blog
http://o-jewel.tumblr.com/post/45747956903/schmuck-2013-things-i-see-helen-britton-vol-1

http://o-jewel.tumblr.com/post/45749094042/schmuck-2013-things-i-see-helen-britton-vol-2


I went to a lecture
“David Bielander & Helen Britton & Yutaka Minegishi”

I hard about their view of Jewelry and many interesting stories.
It was very nice time.
I am interested in some words so I note down here.
_dialogue with material
_making process is mysterious
_Jewelry = human… 75000 years ago, jewelry is first object human made
_look at people wearing jewelry is interesting
_jewelry is part of identity,communication,

and specially lasting impression on my mind
“jewelry is a part of yourself it leads to human dignity”



http://h-stew.com/event/8916

夏、夕立、京都・洛陽荘 / Summer shower at KYOTO・LAKUYOHSOU


got in a Summer shower at LAKUYOHSOU
all plants become very fresh….the life is vivid.


We become a good friend :) She helped my working.
We discussed how to make display possible for having a nice exhibition in LAKUYOUHSOU. It was very nice time. ;)


After a summer shower, coming sunshine and I caught a fragrant breeze… it was a beautiful moment at LAKUYOHSOU.

KYOTO・LAKUYOHSOU / 京都・洛陽荘
http://kyoto.lakuyohsou.com/index.html

NEWSLETTER vol.16

newsletterarchive:

以下、ノルウェジアン・クラフトの ウェブサイトに掲載された記事の和訳です。
是非リンク先にアクセスしてみてください。
http://www.norwegiancrafts.no/magazine/01-2014/after-the-end-of-contemporary-jewellery

————————————————————————————-

コンテンポラリージュエリーの終わりの末に

アンドレ・ガリ

オスロ、ノルウェジアン・クラフト、2014年

**and more… : “Makers Move” by Gitte Nygaad & Josephine Winther


“Makers Move” は、移動式のジュエリー工房。
私たち、Josephine Winther (ジョセフィン・ウィンザー)と
Gitte Nygaad (ギテ・ナイガード)が始動したプロジェクトだ。

"Makers Move" は、2012年夏、コペンハーゲンの街中でスタートした。
だ。私たちは、この移動ユニット(移動式ジュエリー工房)を基点に作業したり、街ゆく人々と、彼らが身に付けているオブジェやジュエリーについて会話をしたりする。

私達の目的はジュエリーをどう作るかという面を見せて行くこと、そして、持ち運びできるオブジェやジュエリーとつながりのあるストーリーや意味を探ることだ。

私たちは、人工物がどのようにして、私たちが誰で何ものなのかを伝えられるのか、また、どうやってそれらの人工物が現代の私たちを過去にアクセスさせてくれる公の記憶帳となり、
そのもの自体よりずっと壮大な歴史を伝えることができるのかを考察していきたいと思っている。


私たちは、”Makers Move” を「交換の媒体」と呼ぶ。

オブジェやジュエリーにまつわるストーリーを、その人にとって特別なものの跡を付けたパーツを鋳造してペンダントに仕立てたものと交換する。
街ゆく人々に、何か重要な由来や意味を持つオブジェか
ジュエリーを持っていないかを尋ねる。
そして、そのオブジェやジュエリーの跡を付けたものをピューターで2度鋳造し、2個のパーツを作る。1つは、私たちと会話をした本人に渡し、
もう1つは、ストーリーと一緒に、すべてのパーツを並べた展示会に
陳列する。

コペンハーゲンでは、さまざまなジュエリー・ギャラリーに設置した Toollery ボックス(展示用ボックス)にこれらのペンダントを入れて展示したことで、当人たちが直接足を運び、自分のペンダントを回収できるようにして、ストリートとギャラリーとの橋渡しとした。

移動ユニットとToolley ボックスは、Jair Straschnow の制作による。


“Makers Move” はダイナミックなプロジェクトで、
私たちの「交換の媒体」という方式は絶えず発展を遂げ続けている。
私たちは関係というものの姿の下絵を描くのだ。
そして、それと同時にジュエリーと、小さなオブジェにひもづいた
ストーリーや意味を探っている。

Makers Move
http://makersmove.com/about/
http://www.gittenygaard.com/index.php?/printed-matter/makers-move-vol-1-2/

_
今回のNews letter, “コンテンポラリージュエリーの終わりの果てに”
を受けて紹介したくなったアーテイストたち”Makers Move”
ニューズレターの中にあった、以下の言葉から彼らを選んだ。

『むしろ、社会生活という生地の中で関係性に介入していく存在であるというふうに自らをとらえ直すことが可能なのかもしれない。
それをアートと呼ぶのか、はたまたファッションやデザインと呼ぶのかは問題ではない。人間同士の関係、つまり単に所有するための作品の域を超えた、交流の場を作ったり作り直したりする力を持ち合わせているかどうかが問題だ。
私にはそれが大それた話だとは思われないし、それこそが再び着け手に焦点を当てる道となると思う。』


I read this issue “After the End of Contemporary Jewellery”,
and I am very curious about following sentences.
so that I chose those artists “Makers Move” at this time.

『it may be a productive way out of the conspiracy of contemporary jewellery, or Schmuckashau, to take a fresh look at the art spawned
by relational aesthetics.
Maybe contemporary jewellery could be a major contributor to an art form that does not take materiality or formality as a starting point.
Instead it could conceive of itself as a relational intervention in the fabric of social life.
It may not matter if you call it art, fashion or design;
what matters would be the ability to create and/or recreate relationships between people – a platform for exchange more than a work to possess.
It doesn’t seem so farfetched to me, and it would be a way to bring the wearer back in focus.』

**and more…
これは、秋山女史が送るニューズレターに
『写真や映像などイメージにて伝えること』を目的に作りました。
ニューズレターに関連した ”こと・もの” など色々なイメージを
お伝えしていこうと思います。

**and more … is a visual content such as pictures and movies to supplement Ms. Makiko Akiyama’s newsletter.
I’d like to convey various images that relate to the topics of her newsletter.
Chitose Ohchi

女に 谷川俊太郎

Days
We are living separate stories in separate families,
through dripping morning rain and rattled windows,
unaware that both stories had but one ending.
I slept nights that you didn’t sleep,
while your days that I knew nothing of
were fringed with the same evening glow that I saw.

SHUNTARO TANIKAWA

日々
私たちは別々の家で別々の物語を生きていた
雨だれが聞こえる朝 風が窓を鳴らす午後
その終わりがただひとつであることを知らずに
あなたの眠らなかった夜を私は眠ったが
私の知らないあなたの日々は
私の見た夕焼け雲に縁どられていた

谷川俊太郎