Karuizawa New Art Museum x O-Jewel

Karuizawa New Ary Museum launched Modern Jewelry art
with O-Jewel☆
The first Artist ”Jun Konishi”
www.junkonishi.com

Don’t miss it~ :)

sakura nezumi 櫻鼠 _a day of sakura storm

At last sakura is full blooming in Tokyo.
sakura nezumi
http://wa-shoku.main.jp/index.html

春の嵐に
満開のさくら
散ったモクレンの白に
青い空
早い雲は
とどまることない
時の流れを
永遠なんてないけれど
こころに留める
この気持ちは
永遠に。

Sakura moment is coming up soon 

お彼岸のお墓参り
はちきれんばかりのつぼみたち
もうすぐ咲く、さくら
あと何回みることができるのだろう
いつ消えてしまうかわからない、
いのちは奇跡だと…
わたしは残らなくとも残したい命がある

花は咲く時を知り、散る時を知る。

I just asked annelies ” why do you use pearls in your works?”

from annelies, tomorrow I will up Japanese

i can tell you someting about the pearls:
i remember the first time pearls came to my mind
because i was looking for colour in my work.
until then i had been using metal, in different types and alloys, colour,
but restricted.
as an opposite material to gold i have used paper.
it is complemental in a way, according to weight, price, colour,shine, size, vulnerability, perishableness.

パールにまつわる話をするわね。
パールを最初に思いついたのはわたしの仕事の中に色を探していたから。
それまでわたしは、メタル、いろんな合金、色を使っていてたけれど、
それは制限されていた。
金とは反対の素材として紙を使っていた。
それは重さや価値、色や輝き、サイズ、脆弱性、傷みやすさなどから
捕足的だった。

then i returned to gold and metals again for a while.
after some time i was invited to do something with coral, a material which is used in regional jewellery
at the place where i live.
that was the first time i did something with beads.

それからまたゴールドとメタルにしばらくもどった。
その後時々、珊瑚など私がすんでいるところのものをジュエリーに使った。それがわたしの仕事にビーズをつかった初めてのことだった。

then in 2000, after a period of relative silence in my work,
i had the wish to add colour to my work in a substantial way:
not as paint, not as a surface, but in a sculptural way.
i was looking for natural material, with natural colour, not too heavy in weight and part of old jewellery history, in fact an ‘old’ material,
but i had the aim to use it in a new way.

それから2000年、仕事においての沈黙の期間のあと、
ずーと形として存在するやり方で色を加えたいと考えていた:
ペイントでなく、表面にだけでなく、スカルプチャーのやり方で。
ずーと自然な素材を探していた、自然な色、重くなく、古いジュエリーの歴史を背負い、実際”古い”ものであるが
新しいやり方に使う目的をもったもの。

so i came to pearls.
but i didn’t know anything about pearls.
i must say that originally i didn’t like pearls so much.
but that was the same with gold: in the beginning i didn’t like it at all. i had a prejudice about it.

それでパールに辿り着いた。
しかし、なにもパールのことについて知らなかった。
もともと私はパールがそんなに好きでなかった。
しかし、それはゴールドと同じようなもの:
最初全く好きでなかった、パールについて先入観があった。

i asked a company specialised in pearls to show me some different types.
they were very helpful and visited me with a suitcase full of the most beautiful pearls.
and then i became so fascinated that i wanted to work with them.

パール専門の会社に幾つか異なったパールをみせてくれるよう頼んだ。
かれらは美しいパールをスーツケースにつめて尋ねてくれて、
助けてくれた。

i love the lustre, i love the colours, the beauty, the weight, the fine charisma they have.
the feeling that they give you when you are wearing them.
the going well together with your skin.
the temperature, the sensation of the little balls.

私は輝きを愛している、彼らのもっている色、美、重さ、
カリスマ性を愛している。
あなたがそれを着けているときにあなたへ与える気持ち。
あなたの肌によく合う。
温度小さな珠の感覚。。

i made a complete new concept for my work, with the common title ‘beautiful city’.
i am still working on that series of work until today.

全く新しいコンセプトを作った、’美しい都市”というタイトルと
ともに。今日もそのシリーズを作っている。

the first series were a series of necklaces of a big size.
as onno boekhoudt wrote about these pieces in the marzee magazine: ‘the pearls are like a dotted line’, the metal strips are a line.

最初のシリーズは大きなサイズのネックレス。
オノブキャウトはマゼーの雑誌の中でこれらについて話している。
”パールはまるで点の線のようだ”、メタルのストライプは線だ”と。

after that i wanted to make some smaller intimate pieces
and i started with pigments on metal.
not in a way of painting, but in a way of plastering like you plaster a wall.
i wanted the colour to be material in itself, like the pearls.

その後なにか小さく肌に直接ふれるようなにかを作りたかった。
そしてメタルの上に顔料を使った。
それは塗るようなやり方でなく、しかしべたべたと漆喰を塗りこむような方法で。私は色そのものを素材のようにしたかった、パールのように。

in 2009 for a special occasion i made a new series of big pearl necklaces again, one-of-a-kind pieces with very special and precious pearls.
in this case i made pieces in which there is a relation between the pearls and the geometrical figures in the centre.
the pearls play the most important role, and are having a dialogue with the changing figures of metals and pigments.
the pearls are the body, nature, coincidence. the figures are the mind, natural science, decisions.
they keep each other in balance.
one tells something about the other.
the figures in a way are the enlarged image of the pearls, in another scale.

2009年、特別な企画で大きなパールネックレスのシリーズを再び作った。
ワン・オヴ・カインドピースはとてもスペシャルで貴重なパールだ。
このとき、真ん中に幾何学の形があり
パールと関係性のある作品を作った。
パールはとても重要な役割を果たし、メタルの変化の形と顔料との会話を作った。
パールはボディであり、自然、偶然、心の形で、
自然の科学であり、決定である。
互いにバランスをとり、ひとつが他になにか話している。
この中での形はパールは他のスケールで拡大されたイメージである。


in 2014 you asked me to make a piece with japanese paper.
suddenly came in my mind to work with pearls again, two wonderful japanese materials together.
i remembered my idea of combining gold and paper of older pieces and used this view on perishableness again in these pieces.
you never know which moment is the best, you never know wether things will be better or worse in the future.
the pearls are wrapped in the most beautiful paper, but you will never know what will be the most beautiful, pearls with or without paper.
you will have to experience it in your own way and that makes it part of your personal life.
that is the value that counts most.

2014年、あなたは私に和紙で作ってとお願いした。
すぐに再びパールの仕事が浮かんで・・・
そう二つの素晴らしい日本の素材を一緒にすること。
ゴールドと紙を一緒にした古い作品を思いついた。
そして脆弱性を再びこの中に見出すことにした。
けしてどの瞬間が一番いいのか、未来に良くなるのか、
悪くなるのか消してわからない。
パールはとても美しい紙に包まれて、
しかしなにが一番美しいパールなのか、紙なしなのか。
貴女自身のやり方でそれを体験しなくてはならない、そしてそれが
あなたの個人的人生の一部をつくる。
それがもっとも考え深い価値である。

in the o-pearl earrings i used the pearl as the solid part (solidified), the gold as the liquid and the O as gas as three phase transitions of matter.

O-パールイヤリングには、固い部分としてパールを使った。
ゴールドは液体のように、そして”O”は物事の三つの形の推移のような
ガスとして。

you could say pearls are one of my elementary particles with which i build my work.
this is my story with pearls.

パールは私の仕事を完成する基本の小片のひとつである。
これがわたしのパールの話である。


March 2014
Annelies Planteydt

その言葉たちは、生きること、愛すること、全てに通じていて。
その作品を身につけることはその気持ちにどこか共感し、何かを抱いている。美しいだけでなく、その優しさに、想いに、寄り添っている。
それは言葉では表せないありのままの自分の表現でもある。
だからわたしは、このジュエリーがとても好きなのだ。

Spring comes along,
I took a break for the first time in almost 2 month.

La Princesse Jaune_HOLLAND JAPONISM


Holland Japonism
1872年カミーユ・サン=サーンスが作曲、ルイ・ガレが台本を書いたオペラ『ラ・プランセス・ジョーヌ』(『黄色人の王女』、La Princesse jaune)その物語はオランダ人の少女が芸術家のボーイフレンドが熱中している浮世絵に嫉妬するというものだった。

Japonism also had an effect on music. In 1871 Camille Saint-Saëns wrote a one-act opera, La princesse jaune, to a libretto by Louis Gallet, in which a Dutch girl is jealous of her artist friend’s fixation on an ukiyo-e woodblock print.

"The Yellow Princess" ("La Princesse Jaune") was the first of Saint-Saens’s operas. A love story set in Japan, it begins with the delightful Overture heard here. This performance comes from a splendid CBS LP of Overtures recorded in 1978 by Andre Kostelanetz and the Columbia Symphony Orchestra.
http://www.youtube.com/watch?v=TXl3MSs3KfE&list=RDTXl3MSs3KfE


☆2nd STOP
日時: 2014年3月14日(金)- 2014年3月28日(金)
場所: O-Jewel//K&K 港区西麻布3-13-15 PALOMAPLAZA B2
時間: 12:00-19:00 (日曜日&祝日休み)

K-STUDIO
Period:March 14(fri.) 2014 - 28 (fri.) 2014 
Vanue:O-Jewel//K&K B2 PALOMAPLAZA 3-13-15 Nishiazabu Minato-ku Tokyo
Opening Hours: 12:00-19:00 (Sunday&Holiday closed )

Art Fair Tokyo 2014 での様子こちらでご覧になれます。
http://o-jewel.tumblr.com/post/79152631619/holland-japonism-art-fair-tokyo-2014-vol-1
http://o-jewel.tumblr.com/post/79155737411/a-sunny-god-holland-japonism-art-fair-tokyo

"Danner Rotunda. New" by Otto Künzli

"Danner Rotunda. New"
in 2014 ten years of jewelry in the Pinakothek der Moderne are celebrated with a new, ‘revisited’ exhibition in the Danner-Rotunda.
Otto Künzli - one of the pioneers of modern jewelry art - was once again overhauling the presentation which includes exhibits solely
from the Danner Foundation’s and the museum’s own holdings without any loans.
Whilst forming a link to the concept of the initial installation of 2004,
the protagonists in the international world of jewelry are shown in a new light, reciprocal effects can be highlighted, associations provoked and dynamic correlations created between the works.

"Danner Rotunda.New"
2014年、ピナコテークモダンで10年目のジュエリーをダナローツンダの中で新しい”revisited”として展覧会をします。
オットークインツリー、モダンジュエリーアートのパイオニアの一人、
彼は今回一人でダナ財団と美術館がでもっているものであけで、ローンなしでプレゼンテーションと展示も含めてすべて徹底的に見直した。
2004年初期のインスタレーションのコンセプトとリンクして作り上げるうち、国際的なジュエリーの役者は、新しいハイライトを浴び展示され…
つながりは招き、そしてダイナミックな総合関係がクリエイトされた。

pictures were taken last year
昨年写真とりました、
オットーの個展ドイツ最大の現代美術館ピナコテークデアモダヌにて。

Memo: The Danner Rotunda ” Jewelry Arts in the Pinakothek der Moderne”

The Danner Rotunda
Showcasing some 300 pieces of jewelry art, on March 5, 2004 Die Neue Sammlung and the Danner Foundation opened a new permanent exhibition area.
It showcases permanent loans from the Danner Jewelry Collection, which provides a wealth of insights into this lively international scene. 

2004年3月5日、300点のジュエリーアートを展示した。
ディノウィザンムノンとダナファンデーションは新しいパーマネント展示空間をオープンした。
ダナジュエリーコレクションから永久的ローンとして展示し、ダナジュエリーコレクションは豊かな洞察力をこの活発な国際的シーンに提供する。

” Jewelry Arts in the Pinakothek der Moderne”
Jewelry in which the artist’s signature is manifest:
The Danner-Rotunda presents contemporary works from over one hundred international goldsmiths.
The classic metier of gold and silversmith work has fundamentally changed in the second half of the 20th century, freeing itself from the constraints of traditional functionalities and materials.
Today, the jewelry arts can claim to have the expressiveness of autonomous art works.

アーテイストの痕跡、特質であるジュエリーは、マニフェストである:
ダナーロウアンダは数百の国際的なゴールドスミスのコンテンポラリーの仕事を紹介している。
古典的なゴールドスミス、シルバースミスの仕事は根本的に変化し、
20世紀後半、伝統的な機能と素材の制約からそれら自体が自由になる。
今日ジュエリーアートは自立したアートワークの表現力をもつと主張することができる。

These are the aspects upon which the international Collection of the Danner-Stiftung (Foundation) and its presentation in the Danner-Rotunda are concentrating.
The hand-wrought, one-of-a-kind objects reflect the broad creative spectrum of modern jewelry arts and reveal aesthetic dimensions that are seldom found in the current museum scene - starting with the avant-garde artists of the 60’s and their immediate successors up to the experiment-focussed jewelry visions of the present day.
They stem from European countries including Italy, the Netherlands,
Great Britain, Sweden, Denmark, Norway and Spain, as well as from the USA, Australia, Japan and New Zealand.
Jewelry as installation - in two wall display cases, interpreted by young jewelry artists.

これらは、ダナ-スティフタング(財団)国際的コレクションと
ダナ-ロアンダにおけるそのプレゼンテーションに集中している。
手で丹念に仕上げた、ユニークなオブジェクトはモダンジュエリーアートの広いクリエイティブ領域を反映し、最近の美術館において滅多に検出しなかった美学的側面を暴くー60年代のアバンギャルドアーテイストに始まった、そして彼らの直接の継承者 の新手法に集中したジュエリーの今日のビジョンに始まっている。
彼らは、イタリア、ネーザランド、イギリス、スウェーデン、デンマーク、ノールウェイ、スペインなどヨーロッパの国々からだけでなくアメリカ、オーストラリア、日本、ニュージランドなどからも生じている。
ジュエリーはインスタレーションとして-二つの壁のディスプレイには若いジュエリーアーテイストに解釈される。

The response to the varied and multi-dimensional panorama of international jewelry arts is reflected in the overall exhibition concept.
In rotation of several years, guest curators will be invited to each shed light on the Collection of the Danner-Stiftung through their own approach. Thus the face of the permanent presentation will change and be able to flexibly react to contemporary developments in the jewelry arts, consequently fostering the growth of the foundation’s collection.

多様なそしてジュエリーアートの多次元のパノラマへの対応は全体の展覧会のコンセプトに反映されている。
数年のローテンションの中で、ゲスト・キューレターは独自のアプローチをとおしてダナーーステイフタング財団コレクションを浮き彫りにするために、招待される。
それゆえ、パーマネントプレゼンテーションは変化し、
柔軟に財団コレクションの成長を育成、ジュエリーアートの中で現代の動向にフレキシブルに反応できる。

The curators of the inaugural exhibition are Professor Hermann Jünger, who was Director of studies for gold work at Munich’s Academy of Fine Arts from 1971 to 1990, and Professor Otto Künzli who took over this task starting 1991.
Both goldsmiths are internationally recognized for their work as artists, teachers and intermediators for contemporary jewelry arts and have accompanied the development of the Danner Jewelry Collection over a period of several years.

キュレーターは1971年ー1990年ミュンヘン芸術大学のゴールドワークのディレクター、ヘルマンユンガー教授、そしてオットー教授が1991年から引き継いだ。二人のゴールドスミスは国際的にアーテイストとしての仕事がしられており、コンテンポラリージュエリーアートのための()と教師で、数年の期間ダナージュエリーコレクションの開発を一緒におこなっている。

http://die-neue-sammlung.de/archive/exhibition/2010-2000/danner-rotunde-schmuck/?L=1

for my study

A SUNNY GOD _ HOLLAND JAPONISM @ Art Fair Tokyo 2014_vol.2


“A sunny god”

*Rembrandt:
a painter, into making printings on Japanese paper
at that moment
*Fujimoto:
a cultural trader between Holland and Japan

Rembrandt:
“Ah, at last! I had been waiting for you Mr. Fujimoto.
How long has it been?”

Fujimoto:
“About a half year, sir Rembrant.
Here with the new papers sir.”

Rembrandt:
“Hmm, this time is even better than the last time.
Say the makers that it is very beautiful.”

Fujimoto:
“Thank you sir… Sir? May I ask you one thing?”

Rembrandt:
“Yes, what is it?”

Fujimoto:
“What is the thing you wear? On your neck?”

Rembrandt:
“This is a new molensteenkraag(ruff) I ordered some time ago.
It is called “sunny ruff”, made by the Mino-washi paper you brought the last time, and I painted on it a little.
Cute isn’t it?”

Fujimoto:
“It is very beautiful sir, very beautiful indeed… It is lite as a feather,
and the light shines through in it as the lights in your paintings
and… blah blah blah…”

Rembrandt:
“Well you can have that one if you like it that much…
I will order a new piece for me with this better papers.”

Fujimoto:
“Thank you so much sir, Thank you so much!…
But I am just curious about the purpose of the thing.
Could you kindly tell me what you wear the thing for?”

Rembrandt:
“Well, then I have to show you my secret…”

Rembrandt told Fujimoto that he once saw a secret royal ceremony called “ballet” and his soul is still soaked into it.
It is basically translate your soul to gods
and spirits via special body movement.
He secretly practices the “ballet” to become the sun god,
and the sunny ruff is a necessary item for the “ballet”.

Now what the “ballet” is like?
And how does it look like?
Could Fujimoto see it or learn it?
What are the things he brought back from Holland?
He came back to Japan three month after this…


“Sunny God_太陽のかみ”

*レンブラント=画家、和紙を使った版画に凝っており、 
上質和紙を注文する。      
*フジモト=日蘭文化交流の使者。


レンブラント:
「おお、来たかフジモト、待っていたぞ。あれからどれ程経ったか。」

フジモト:
「半年でございます、レンブラント様。ご注文の美濃和紙はここに。」

レンブラント:
「うーむ、今回の和紙はさらに美しい。
素晴らしいと職人達に伝えてくれ。」

フジモト:
「ありがとうございます。
ときにレンブラント様、その首にお召しになっておられる物は
何でございましょうか?」

レンブラント:
「これは新しく注文した襞襟(ひだえり)で、
「太陽の襞襟」(sunny ruff)と呼ばれる物だ。
前回持って来てもらった和紙でこしらえた物に少し色を付けてみたのだ。なかなか良いであろう?」

フジモト:
「これは美しい。
羽の様に軽く、紙に取り込まれた光は、
まるであなた様の絵画の中の光の様であり・・・」

レンブラント:
「・・・それ程までに気に入ったのならば、持ってゆくが良い。私はこの新しい紙でもう一つ注文しよう。」

フジモト:
「本当ですか?有り難き幸せ。が、しかし一つだけ気になる事が。
これを身に付ける目的とは一体何なのでございましょうか?」

レンブラント:
「そうか、そなたには真実を明かさねばならぬな・・・」

レンブラントは一度「バレエ」と言う王室の秘密儀式を観た事があり、それ以来「バレエ」にどっぷりだとフジモトに打ち明けた。
「バレエ」とは主に体の動きを使い、精神を霊界と繋ぎ、神や霊に扮する儀式であり、彼は今太陽神に扮する練習をしている。
そしてその際に使用するのが「太陽の襞襟」という事だ。

果たしてフジモトは「バレエ」という物を観る事ができたのか?
少しは教えて貰えたのだろうか?それから三ヶ月後に日本へ帰国したフジモトは、一体何を持ち帰ったのだろうか。。。


ww.o-jewel.com/projects/holland-japonism/

HOLLAND JAPONISM @ Art Fair Tokyo 2014_vol.1


http://www.o-jewel.com/projects/holland-japonism/

This is a beauty’s message Japanese paper send beyond time and space.
It was V.O.C. that introduced this beautiful paper to Europe
in 17th Century.
And eventually that caused a movement called Japonism in 19th Century.
Now artists who fell in love with Gampi or the paper made only in Japan are to connect the past and the future by working it into modern arts.


これは、時空を超えて和紙が繋ぐ世界への美のメッセージ。
この美しい和紙を、海のむこうのヨーロッパへ伝えたのは、
17世紀 オランダ、V.O.C(東インド会社)であった。
そして、19C ヨーロッパでのムーブメント”ジャポニズ”に繋がって行く。
日本でしか作ることの出来ない雁皮という和紙の美しさに魅了された、
アーテイストたちが、過去と未来とを繋げ”今”という時間を織りなす物語。